気づいていましたか?日本の良さ

  日本には美しい四季の移り変わりがあります。風があるから雨があり、雨があるから川ができ、水があるから木が育ち、木があるから実りがあるため、作物が豊かになります。また、様々な風景も楽しめます。木々の色が変わるのを楽しめるのは、このような四季折々の季節があるからです。もちろん、他国にも美しい四季があることがあります。しかし、日本には、正月やお花見といったように、四季に関連した伝統行事が多くあります。このことは、四季の美しさを感じる心が古くから日本人の美徳として根付いていることに起因しています。

  世の中が便利になるにつれ、季節感を味わうことも少なくなり、行事も年を重ねるごとに簡素化・合理化されつつあります。せっかくこの美しい日本に生まれたのですから、少しずつでも、四季折々の季節感を日々の暮らしに取り入れて、心のゆとりを感じてみませんか。そうすれば改めて自分なりの日本の良さを実感できるのではないかと思います。